タキロンシーアイシビル株式会社 

タキロンシーアイシビル株式会社 

 

 

 

 ご挨拶

 経 営 理 念  会社概要
 沿 革  組 織 図   業務拠点

 

 
           
1956年 大日本セルロイド株式会社(現 株式会社ダイセル)プラスチックス事業計画の一環として創立。
姫路、東京両工場において射出成形、中空成形、真空成形及び押出成形による各種プラスチック製品の製造を開始。
1956年

 

大日本セルロイド株式会社(現 株式会社ダイセル)プラスチックス事業計画の一環として創立。
姫路、東京両工場において射出成形、中空成形、真空成形及び押出成形による各種プラスチック製品の製造を開始。

1959年

 

姫路工場に硬質塩化ビニール波板の製造設備を新設。

1961年

 

名古屋営業所を開設。

1962年

 

松戸工場を新設、操業を開始。
江東精機株式会社を設立。

1963年

 

東京工場の設備を松戸工場に移設、集中生産体制を敷く。松戸工場にネトロン製品の製造設備を新設。

1970年

 

仙台営業所を開設。

1971年

 

徳山曹達株式会社(現 株式会社トクヤマ)が資本参加。
広島営業所を開設。

1972年

 

姫路工場において硬質塩化ビニール排水管の製造を開始。
姫路工場にネトロン製品の製造設備を新設。
福岡営業所を開設。

1973年

 

松戸工場の射出成形部門を増強、大型製品の成形加工を開始。

1974年

 

英国ICI社(Imperial Chemical Industries Limited)に硬質塩化ビニール波板の製造技術並びにプラントを輸出。
建設業(東京都)の許可を受け、廃水処理装置のプラント受注を開始。
札幌営業所を開設。

1975年

 

固定床式廃水処理装置第1号機を完成、納入。

1976年

 

姫路工場において、デッキ材の製造を開始。
松戸工場に、鋼管竹の製造設備を新設。

1979年

 

鹿児島営業所を開設。

1980年

 

北海ダイプラ株式会社を設立。

1982年

 

網干実業株式会社を設立。

1983年

 

ダイプラ松戸実業株式会社を設立。

1985年

 

姫路工場に各種エラストマーシート・フィルムの製造設備を新設。

1987年

 

東京レジン工業有限会社を設立。
松戸製造所にダイプラスーパー管製造設備を新設。

1988年

 

ダイプラハウエル管有限会社を設立し、ダイプラハウエル管の製造設備を新設。

1989年

 

松戸製造所にポリカーボネート波板の製造設備を新設。
赤穂工場を新設、(ダイプラスーパー管、ネトロンパイプ)操業を開始。

1990年

 

シーダム株式会社を設立。
ダイプラ・システム・テクノロジー株式会社を設立。
西日本ハウエル管有限会社を設立。

1991年

 

西日本ハウエル管有限会社にダイプラハウエル管の製造設備を新設。
増資 発行済株式 103万2000株。
資本金    8億5920万円。

1992年

 

松戸製造所にポリカーボネート波板の製造設備を増設。

1996年

 

ダイプラ・ウィンテス株式会社を設立。

1998年

 

シーダム株式会社、ISO9002認定取得。
赤穂工場にコルゲートパイプの製造設備を新設。

1999年

 

ダイプラ・システム・テクノロジー株式会社、ISO9001認定取得。

2000年

 

シーダム株式会社、ISO14001認定取得。

2001年

 

ISO9001認定取得。
シーダム株式会社、上郡工場へ完全移転。

2002年

 

ISO14001認定取得。
松戸製造所、日本下水道協会規格 認定取得。
西日本ハウエル管有限会社、日本下水道協会規格 認定取得。
姫路製造所に回転成形の製造設備を新設。
ダイプラ・システム・テクノロジー株式会社、江東精機株式会社 事業統合。
松戸製造所内にロジスティクスセンターを設置。
西日本ハウエル管有限会社に、ダイプラハウエル管製造設備を増設。

2003年

 

鋼管竹製造設備を松戸製造所から中国・上海に移設。
出資比率の変更
ダイセル化学工業株式会社(現 株式会社ダイセル)  60%
株式会社トクヤマ 40%
網干実業株式会社をダイプラエーテック株式会社に社名変更。
ダイプラ松戸実業株式会社をダイプラテック株式会社に社名変更。

2004年

 

松戸製造所にポリカーボネート波板の製造設備を増設。
西日本ハウエル管有限会社、ハウエル管製造設備増設(2,400mmと3,000mmの大口径)
社内カンパニー制を導入。
本社・大阪営業所を移転。(大阪市中央区本町)
タイ国バンコクにダイプラ・システック・タイ株式会社を設立。
福岡営業所を移転。

2005年

 

ダイプラ・システック・タイ(株)、タイ国アマタナコンに新工場用地取得。
赤穂工場にコルゲート管建屋増築。
松戸製造所に浄化槽発泡担体の製造設備を新設。

2006年

 

赤穂工場に内面柔軟管の製造設備を新設。
松戸製造所にポリカーボネートシート製造設備を新設。
香港に大普良協和塑料有限公司を設立。
ダイプラハウエル管有限会社にダイプラハウエル管製造設備を増設。

2007年

 

シーダム株式会社の株式を譲渡。
ダイプラハウエル管有限会社を株式会社に社名変更。
ダイプラハウエル管株式会社を解散。(事業は西日本ハウエル管有限会社へ統合)
姫路製造所を閉鎖。(松戸製造所と赤穂製造所に移設)
ダイプラエーテック株式会社を解散。
主要株主異動。
タキロン株式会社(現 タキロンシーアイ株式会社)60%
ダイセル化学工業株式会社(現 株式会社ダイセル)24%
株式会社トクヤマ 16%

2008年

 

仙台営業所を移転。
福岡営業所を移転。
札幌営業所を移転。
タキロン株式会社(現 タキロンシーアイ株式会社)が生産する、プラスチックネット、プラスチック充填材、プラスチックパイプ、および土木・景観緑化製品の販売を開始。
ダイプラ精工有限会社を株式会社に社名変更。
西日本ハウエル管有限会社を日本ハウエル株式会社に社名変更。
赤穂製造所の事務所棟新築。

2009年

 

東京支社・営業所を移転。
大普良協和塑料有限公司を解散。
ダイプラ精工株式会社を解散。

2010年

 

ダイプラ・システック・タイ株式会社の株式を譲渡。
主要株主異動。タキロン株式会社(現 タキロンシーアイ株式会社) 100%
日本ハウエル株式会社、ハウエル管製造設備(内圧管)を増設。

2011年

 

本社・大阪営業所を移転。(大阪市北区梅田)

2012年

 

仙台営業所を移転。
名古屋営業所を移転。
松戸製造所 設立50周年。

2013年

 

福岡営業所を移転。

2014年

 

ダイプラ・システム・テクノロジー株式会社を事業統合。
赤穂製造所 設立25周年。

2015年

 

東京支社を増床。
赤穂製造所の加工工室新築。
日本ハウエル株式会社を事業統合。
北海道限定商品 回転成形品の販売権をダイライト株式会社に移管。

2016年

 

創立60周年。
北海ダイプラ株式会社にハウエル管の製造工室新築及び、製造設備を新設。
広島営業所を移転。

2018年

 

福岡営業所を移転。
建築畜産資材事業に関する権利義務をタキロンシーアイ株式会社が分割承継。
タキロンプロテック株式会社と合併。
ダイプラ株式会社に社名変更。
札幌営業所を移転。

2019年

 

ダイプラ・ウィンテス株式会社の株式全てをタキロンシーアイ株式会社に譲渡。
土浦工場を新設、操業を開始。
ダイプラテック株式会社を事業統合。

2020年

 

北海ダイプラ株式会社を事業統合。

2021年

 

タキロンエンジニアリング株式会社と合併
シーアイマテックス株式会社の土木事業部を吸収分割。
タキロンシーアイ株式会社のインフラマテリアル事業部の国内販売窓口の一部を移管。
タキロンシーアイシビル株式会社に社名変更。

 

Top